COVID―19の読み方/意味/由来は?ネットの反応も調べた

生活

現在、世界中で感染が広がっている新型肺炎コロナウイルス。

WHO(世界保健機関)は、新型コロナウイルスによる肺炎を「COVID―19」と名付けたと発表しました。

「COVID―19」と聞いてもピンとこないし、「コロナウイルス」だけで良い気もするのですが…。

そこで、「COVID―19」という名前の由来や意味、そもそも読み方は?から調べてみました。




続きを読む



「COVID―19」の読み方は?

COVID―19」の読み方は、「コビッド19」です。

コロナウイルスと今まで読んでいたのですが、正式名称は「コビット19」になりました。

COVID―19」はパッと見ても読みにくいので、日本では「コロナウイルス」で定着しそうな気がします。

が、「コビッド19」は、コロナウイルスが原因でかかった肺炎の名前です。

意味と由来は?

「COVID―19」の「COVID」とは、略語です。

「CO」…コロナ(corona)

「VI」…ウイルス(virus)

「D」…疾患という意味の「disease」

合わせて、「COVID」です。

コロナウイルスにより疾患、という意味の単語を繋げて略して「COVID」なんですね。

それに、感染が拡大した2019年の19をつけて命名されました。

これまで、中国の武漢市が最も被害が大きいことから「武漢ウイルス」などと報じている一部メディアもありました。

暫定的に発表されていた名前は、「2019-nCoV」でした。

「nCoV」とは、コロナウイルスが新型であることを表しています。

今回、発表された正式名称では、「n」取られています。

「nCoV」は日本人にはますます読み辛い感じを受けますね。

名前をつけるにあたって、風評被害などを避けるため、地名や動物メイ、人物名、組織名などの固有名詞を盛り込まずに名前をつけた、と発表されました。

前提的な名前をつけられた経緯にも、特定の場所を連想する名前が広がっていたためだそうです。

例えば、「中東呼吸器症候群」や「スペイン風邪」といった地名が入ると、その土地に対して、病気のイメージが広がってしまいます。

また、「鳥インフルエンザ」や「豚インフルエンザ」といった名前は業界に大打撃を与えてしまうことがあります。

実際に、「豚インフルエンザ」では、養豚業界に大きな影響を与えました。

通常は病気を特定した科学者の氏名が用いられた人名の他、「未知」や「致死的」といった「過度の恐怖をあおり立てる用語」も禁止された。

出典 ヤフーニュース

「わかりやすい名前」と言ってもあらゆる角度から中立的に名前を考えるのは難しいことだと思います。

以上のことから、具体的な地名や動物名を入れないことを念頭に慎重に話し合われていました。

結果、「COVID―19」という名前に決定しました。




続きを読む



ネットの反応は?

コロナウイルスの新しい名前が発表され、ネット上ではどんな反応があるのでしょうか?

出典 ツイッター

「読み方がわかりにくい」という声が挙がっています。

また、「GODIVA(ゴディバ)かと思った」という声も。

名前が定着する頃には事態が収束していることを祈るばかりです。




続きを読む



まとめ

2月12日、新型コロナウイルスによる肺炎の正式名称が発表されました。

正式名称は、「COVID―19」です。

読み方は、「コビッド ナインティーン」

「CO」コロナウイルスcorona)

「VI」ウイルスvirus)

「D」疾患disease)

流行した年、2019から「19」をつけて決定されました。

「コロナウイルスによる疾患」という意味です。

ネット上では、「読み方は?」「なるほど」「早く改善してほしい」「GODIVAかと思った」などの声が挙がっており、定着するには時間がかかりそうです。

ワクチン準備まで、18ヶ月とも発表されたので、名前の定着とともに事態が収束することを望むばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました