金曜ロードショー『50回目のファーストキス』、長澤まさみの弟役は?

18日(金)21時~金曜ロードSHOW!枠で、映画『50回目のファーストキス』が地上波初放送されます。

『50回目のファーストキス』は、2004年製作のアダム・サンドラー、ドリュー・バリモア共演作『50回目のファースト・キス』を原案としたラブストーリーです。

ドリュー・バリモアと言えば、『E.T』で主人公エリオットの妹役を演じ、天才子役として注目されました。

日本版『50回目のファーストキス』は、2018年に公開された福田雄一監督の作品です。

福田雄一監督は”もっとも忙しい監督”と言われており、『今日から俺は!!』や『時効警察はじめました』など数々のヒット作品を作られています。

この作品は、そんな福田監督が初挑戦のラブストーリーなんです!おもしろくないはずがないですよね。

スポンサーリンク

『50目のファーストキス』のあらすじは?

ハワイのオアフ島で天文学の研究をしながら、ツアーガイドをして生活費を稼ぐ弓削大輔(山田孝之さん)は、行きずりの恋を楽しむプレイボーイです。

ある日、カフェで働く藤島瑠衣(長澤まさみさん)という女性と出会います。大輔は明るくて聡明な瑠衣と意気投合します。が、その翌日に同じカフェで大輔は瑠衣に会うのですが、瑠衣は大輔のことを全く覚えていません。

実は、瑠衣は交通事故の後遺症により、新しい記憶は1日で消えてしまう短期記憶障害を負っていました。彼女を想う父(佐藤二朗さん)と弟(太賀さん)は、夜のうちに同じ新聞を用意し、瑠衣が自己に遭った父親の誕生日の出来事を毎日繰り返しています。

そんな事情を知った大輔は、毎日自分を覚えていない彼女に告白し続けます。瑠衣にとっては毎日が大輔との初対面になります。

やがて、大輔の機転と努力により二人は結ばれます。二人は毎日恋に落ち、毎日ファーストキスをします。

二人の恋は順調に進展いくように見えましたが、大輔の本当の夢を知った瑠衣は、ある行動に出るのでした。その行動は?二人の恋は実るのでしょうか?

大輔・瑠衣ともにお互いを思い合う気持ちがどんな結末を迎えるのか…。

瑠衣の弟役があの俳優の息子さん!

そんな『50回目のファーストキス』に瑠衣の弟、藤島慎太郎役で出演されている、太賀さん。ハジけたキャラクターでいい味を出しておられます。

太賀さん、どんな人なのか調べてみました。

出典 スターダスト

名前 仲野 太賀(なかの たいが)

本名 中野 太賀

生年月日 1993年2月7日(26歳)

出身地 東京都

血液型 A型

身長 168cm

趣味 カメラ

小学生の頃に見たドラマ『WATER BOYS』に感動し、主演の山田孝之さんに憧れていたそうです。太賀さん自身は2006年、13歳の時に芸能界入りし、テレビドラマ『新宿の母物語』で俳優デビューを果たしました。

2007年には、NHK大河ドラマ『風林火山』に初出演されました。大河ドラマでは、2009年『天地人』2011年『江~姫たちの戦国~』2013年『八重の桜』、そして現在放送中の『いだてん~東京オリンピック噺』にも出演されています。

ドラマや映画、CM、舞台など幅広い分野で活躍されています。

憧れの存在である山田孝之さんとは、映画『MONSTERZ モンスターズ』『50回目のファーストキス』で共演されています。

2014年、第6回TAMA映画賞で菅田将暉さんとともに最優秀新人男優賞を受賞されました。また2016年には、第38回ヨコハマ映画祭にて最優秀新人賞を受賞されています。

同じく2016年ドラマ『ゆとりですがなにか』でモンスターゆとりである、山岸ひろむ役を演じ、一躍脚光を浴びました。このドラマの脚本を書いた、宮藤官九郎さんは、「太賀さんの好演により、山岸ひろむのキャラクターを確立できた」と話されています。

その他にも、個性の強い役を演じ、監督に演技を高評価されています。

『50回目のファーストキス』では、太賀さんのアドリブにより、脚本が書き換えられることもあったそうで、慎太郎役を見事に確立されました。

福田雄一さん組で映画で共演されている、佐藤二朗さんやムロツヨシさんからも称賛を受ける演技で、太賀さん自身も筋トレなどを欠かさず、役作りに励まれました。

2019年6月、それまでの芸名だった「太賀」から、「仲野太賀」に改名されました。本名の「中野」ではなく、「仲野」とした理由は、「”仲間”との出会いが俳優人生の財産である」と実感したころから「仲野」にされました。

そんな「仲野太賀」さんですが、実はお父さんはこの方です!

出典 映画.com

名前 中野英雄(なかの ひでお)

仲野太賀さんは、中野英雄さんの次男です。英雄さんは現在54歳なので、28歳の時に太賀さんが生まれたことになりますね。

中野英雄さん、ケンカ仲間だった哀川翔さんに誘われて19歳で、一世風靡に入団されました。その後、1987年『あぶない刑事』でテレビ初出演されました。

私の中では、中野英雄さん=「チョロ」のイメージなんですが、1992年大ヒットしたトレンディードラマ『愛という名のもとに』で、「チョロ」役を演じ大注目されました。

現在は、「チョロ」時代よりも体も引き締まり、強面でヤクザや刑事の役が多いようです。演技力はとても高い評価を受けています。息子さんである、仲野太賀さんの演技力はお父さん譲りのようですね。

お父さんとの関係はオープンにはされていませんが、仲は良好です。旅番組やドラマで共演もされています。

ちなみに、中野英雄さんの長男は、「武尊(たける)」さんで俳優をされていました。が、現在は活動はされていないようです。

中野英雄さんの息子さんは同じ俳優の道を歩まれていたのですね!!

スポンサーリンク

まとめ

18日(金)21時~金曜ロードショーで『50回目のファーストキス』が放送されます。地上波初放送です。

この映画は、2004年に制作されたアダム・サンドラー、ドリュー・バリモア共演作『50回目のファースト・キス』が原案となった映画で2018年に公開されました。

『今日から俺は!!』や『時効警察はじめました』でお馴染みの福田雄一監督の初ラブストーリーです。

チャラ男の山田孝之さんと一晩寝ると記憶がなくなってしまう、長澤まさみさんの恋の行方は…。お互いを思い合う気持ちは実を結ぶのでしょうか!?

交通事故の後遺症で一晩寝ると記憶を失ってしまう、藤島瑠衣(長澤まさみさん)。彼女の父親と弟は瑠衣を思って、毎日同じ日を送るようにしています。そんな姉思いの弟、藤島慎太郎役を演じたのは、太賀さんです。

太賀さんは、13歳で芸能界入りを果たし、ドラマや映画、舞台にCMと幅広い分野で活躍されています。芸能界入りを目指すきっかけで憧れの存在である、山田孝之さんと『50回目のファーストキス』で共演されています。

太賀さんは、現在は「仲野太賀」と名前を改められています。そんな仲野太賀さんのお父さんは、俳優の中野英雄さんです。

中野英雄さんは、哀川翔さんの勧めで一世風靡に入団。強面な雰囲気でヤクザ役や刑事役などで出演されることが多いです。が、中野英雄さんと言えば、『愛という名のもとに』の「チョロ」役を忘れるわけにはいきません。

気が弱そうで、人の良い優しい青年役はぴったりでした!

中野英雄さんの次男である、仲野太賀さん。本名は中野ですが、「仲間がとの出会いが財産である」と芸名は「仲野」にされました。

仲野太賀さんは、新人賞を受賞するなど、演技力の高さで注目されています。

『50回目のファーストキス』でも、アドリブで脚本を変えてしまうこともあったほど!

仲野太賀さんの演技、見逃せませんね!!

仲野太賀さん・中野英雄さんの今後のご活躍を期待しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする