『シャーロック』2話、藍子(菅野美穂さん)の元クライアント山下佐和子は誰?

10月7日(月)より始まった、月9ドラマ『シャーロック』。(ネタバレあります)

誉獅子雄(ディーン・フジオカさん)が謎に包まれた事件をスマートに解決していく姿がかっこよかったです!相棒となる、若宮潤一(岩田剛典さん)との出会いとなる事件が第一話でした。

医者である若宮の大学時代の同期が謎の死を遂げ、その死の裏に隠された過去の秘密を暴いていく、というお話でした。死んだ赤羽栄光(中尾明慶さん)の妻役を演じた松本まりかさんが本当に怖くて、話題になりました。

「医者でない夫に価値はない」なかなか恐ろしい奥さんでした。美人なので、余計に怖さが増していましたよね。

最後は、雨漏りによって住む所を失った獅子雄が、医者を辞職し職を失った潤一のところに転がり込んでくる、という展開でした。

一話完結のドラマではありますが、ゲストの俳優さん達も豪華でストーリーも練られていて、次の事件を見るのが楽しみになるドラマです。

スポンサーリンク

『シャーロック』第二話のあらすじは!?

ある女性が急行列車にはねられて死亡したことで誉獅子雄(ディーン・フジオカさん)に捜査一課の江藤礼二(佐々木蔵之介さん)から連絡が入ります。

事故死に興味の持てない獅子雄に対して「魅力的なホトケ」と言って、江藤は獅子雄を誘い出します。

亡くなったのは、所持品より29歳の高橋博美だと判明しますが、遺体の手首には”0314”と身元不明遺体を示す番号がつけられています。”高橋博美”として死んだ女性は実は全くの別人で、遺体の人物が誰なのかは不明なのです。

高橋博美とは、一体誰なのか?獅子雄は成り代わり遺体の謎を追うことになります。

博美の身辺調査を始め、婚約者の佐々木守(内村遥さん)や過去のある一件で博美を弁護した、弁護士の青木藍子(菅野美穂さん)に獅子雄は話を聞きに行きます。

弁護士の藍子は、依頼を受けた人には弁護が終わった後も一生寄り添うことをポリシーとしており、社会的弱者に対する活動を一貫して続ける人格者であり、女性としても完璧な人間です。獅子雄は藍子に興味も持つのですが…。

また、藍子の事務所で働く、アルバイトの河本美沙(岸井ゆきのさん)の様子を見て、彼女をマークし、若宮(岩田剛典さん)を絡めた、”ある計画”を始動させます。

と、いうあらすじです。”ある計画”とは一体どんな計画なのでしょうか!?

第一話で、犯人である赤羽の妻、松本まりかさんをおびき出すために、若宮が電話をかけるのですが、その後ろで獅子雄がバイオリンでパトカーのサイレン音を奏でる、というシーンがありました。

獅子雄は警察ではないので、多少むちゃくちゃなことでもやってのけます。そして、犯人逮捕を目的とせず、謎を解くことに全力を傾けています。そのあたりも、刑事ドラマとは違うおもしろさがあります。

第二話も豪華ゲストと作り出すストーリー、どんな展開が待っているのでしょうか?楽しみですね!

藍子の元クライアント、山下佐和子役の女優さんは誰?

完璧な女性弁護士、青木藍子の元クライアント、山下佐和子を演じるのは、三浦透子さんです。

出典 映画.com

名前 三浦 透子(みうら とうこ)

生年月日 1996年10月20日

出身地 北海道

血液型 B型

身長 157cm

所属 ユマニテ

2002年、6歳の時に3000人のオーディションを勝ち抜き、2代目なっちゃんとしてCMデビューしました。10月にはドラマ『天才柳沢教授の生活』に出演しました。

2007年ドラマ『チョコミミ』に出演、2011年『鈴木先生』でも個性の強いキャラクターで原作の雰囲気を再現した、と注目されました。

2015年、第一三共ヘルスケア「ミノン全身シャンプー」のCMソングである「おかあさんへ」で歌手デビューを果たしました。

歌手デビューのきっかけは、2014年に放送されていたライオンのテレビCM「働く女性への応援歌」編に出演したことでした。

CMの監督であるタナダユキさんより、「すっごい声がいいから歌ったほうがいいよ」と言われたことをお世辞だと受け取った三浦さんでしたが、実際にタナダさんより、ミノンのCM楽曲のオファーがきたことがデビューのきっかけとなりました。

企業広告 「働く女性への応援歌」篇(字幕入)/30秒/ライオン

出典 Youtube

ミノン全身シャンプー「結婚式の日」篇(30秒)

出典 Youtube

歌声がすごく綺麗ですよね。このCMは、大島優子さんのウエディングドレス姿、坂口健太郎さんのタクシード姿も素敵で、美しい歌声とぴったりです!

2017年には、カバーアルバム『かくしてわたしは、透明からはじめることにした』でCDデビューを果たしました。

2019年映画『天気の子』の劇中音楽を担当したRADWIMPSの野田洋次郎さんより、主題歌「祝祭 (Movie edit) feat.三浦透子」、「グランドエスケープ (Movie edit) feat.三浦透子」のボーカルに抜擢されました。

約1年間のオーディションを行って、三浦さんが抜擢されました。

RADWIMPSの野田洋次郎さんは、三浦さんの歌声をこのように語られています。

発せられた瞬間に、どんな天気をも晴れにしてしまうような圧倒的で不思議な力を持っていました。まだ何にも染まっていない荒削りながらもまっすぐなあの歌声で今回『天気の子』の楽曲を歌ってもらえたことは、この映画にとって幸福なことだったと思います。

出典 Wikipedia

と、歌手として大活躍の三浦透子さんですが、女優として、子役時代から現在まで数々のドラマや映画、舞台に出演されています。

そんな声の綺麗な三浦さんが演じられる、山下佐和子はどんな人物なのでしょうか?身代わり遺体と深い関係がある役のようですが…どんな秘密を抱えているのか気になります。

『シャーロック』の出演を受けて、こんなコメントをされています。

普通に生きていただけなのに、急に目の前の景色が変わったり、いつも側にいた人がいなくなったり、知らない場所に放り出されたり。ほとんどの人には起こらないことだけれど、でも明日起こるかもしれない。私が演じた山下佐和子は、そんな突然の運命に翻弄されながらも、真剣に人生の変化と向き合おうとする女性です。どんな世界観のドラマに仕上がっているのか想像ができません。完成をとても楽しみにしています

出典 TV LIFE

普通に生きていた山下佐和子の一体、何が起きたのでしょうか!?放送が待ち遠しいです!

スポンサーリンク

まとめ

14日(月)の放送予定の月9ドラマ『シャーロック』。

第二話は、列車事故で亡くなった遺体を巡る謎に誉獅子雄(ディーン・フジオカさん)と若宮潤一(岩田剛典さん)が挑みます。

列車事故で亡くなった女性の身元証明では、”高橋博美”だと判明しますが、実際の遺体は高橋博美ではありません。身代わり遺体の本当の名前は!?”高橋博美”とは一体誰なのか!?

高橋博美の身辺調査を進めていくうちに、以前あることがきっかけで弁護をして貰った弁護士、青田藍子(菅野美穂さん)に行きつき、事務所のアルバイト員、河本美沙(岸井ゆきのさん)にあることを仕掛ける計画を立てるのですが…。

元青田藍子のクライントである、山下佐和子役を演じるのは、女優で歌手としても活躍されている、三浦透子さんです。

三浦透子さんは、6歳の時に2代目なっちゃんとしてCMデビュー。その後、ドラマや映画に数々出演されました。子役から活躍されていたのですが、ライオンのCMに出演したことがきっかけとなり、歌手デビューを果たされます。

歌声がとても綺麗で、透明感があります!

2019年には、映画『天気の子』で「祝祭 (Movie edit) feat.三浦透子」、「グランドエスケープ (Movie edit) feat.三浦透子」に抜擢されました。

とても綺麗な声で歌を歌われるシーンが登場するといいですよね。が、今回は女優として出演なので、どんな風に演じられるのかも注目です。

豪華なゲストと気になるストーリー、ドラマ『シャーロック』の放送が楽しみです。

歌手としても女優としても活躍されている三浦さんの今後の活躍に期待しています!

同じくゲスト出演される、岸井ゆきのさん、7月期ドラマ『ルパンの娘』に出演されていました。そちらに関する記事は、こちらです。

『シャーロック』に関する記事はこちらにもあります。

併せて読んでみて下さいね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする