『しゃべくり007』にピアニスト清塚信也さんが登場!クセありって!?

9月23日(月)22時~放送される『しゃべくり007』にクセあり天才ピアニスト、清塚信也さんが出演されます。

生演奏で超絶テクを連発される姿も必見ですが、クセのある素顔も気になるところですよね。

そんな天才ピアニスト清塚信也さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

清塚信也さんのプロフィール

出典 Twitter

名前 清塚信也(きよづか しんや)

生年月日 1982年11月13日

出身地 東京都

学歴 桐朋女子高等学校 音楽科(共学)→モスクワ音楽院

日本人の父、韓国人の母の元に生まれました。両親は音楽好きで、小さい頃からクラシック音楽が流れる家で育ちました。

特に母親は自身が小さい頃にピアノやバイオリン教室に通いたかったのですが、祖母(母親のお母さん)がそれに否定的だったこともあり、自分の子供達に音楽を習わせたい、と思っていました。

2つ上のお姉さんがバイオリンを習い、清塚さんは5歳でピアノを習い始めます。お姉さんが、桐朋学園の「子供のための音楽教室」に通うことになり、一人で留守番ができない清塚さんもレッスンはなくても一緒についていくことになります。

そこで、お姉さんを見ているうちに自然と絶対音感が養われたそうです。聴音の授業などでは、誰よりも先に答えがわかるようになっていました。それで、レッスンや練習は嫌いだったものの、清塚さん自身もその教室に7歳で通い始めることになりました。

個人レッスンの先生がとても熱心で2~3日に1回のペースでレッスンし、性格的にも清塚さんと相性がぴったりだったこともあり、清塚さんはどんどんピアノの腕が上達していきました。

実は将来は野球選手になるのが、夢だったそうで、運動をしていた時期もあったそうです。多くの小学生男子が通る道だと思いますが…。

小学6年生からプロのピアニストになることを考え始めます。それまでは、周りの子供よりも進度が早いことに優越感があり、楽しかったのですが、上のクラスに進むと、同じぐらいレベルの高い子供達がいて、天狗の鼻もへし折られていきます。

そして、中学1年生で大きな「試練」が訪れます!それまでは、コンクールで緊張することもなくいい成績を残せていたのが、初めて予選落ちをしてしまったのです。

今までの頑張りが台無しになり、このままでは「負け犬」になってしまうと思い、それまで嫌いだった練習を1日12時間を目標に始めます。

練習時間を確保するために学校を早退して、とにかく練習していないと不安だったそうです。そんな時に、播本美恵子先生と出会います。

初めは演奏を全否定され、地獄を味わいますが、それも良い経験となり、目標を見失わず努力された結果、1996年第50回全日本学生音楽コンクール全国大会中学校の部で1位に輝かれました!

高校は馴染みのある、桐朋学園へ進学。大学も桐朋学園大学へと進学されましたが、ある時自分自身がピアノ・マシーンになっていることに気づきます。自分にはピアノしかない。

それに加えて、先生を始めとする大人達への屈折した思いや、良かれと思ってアドバイスしていた友人に裏切られたこと、いい加減な周りの態度、正論を吐いて受け入れられない自分…とにかく何もかも嫌になったそうです。

ただ、ピアノだけは捨てられず、音楽を学ぶという名目で、誰も知らないモスクワに留学されます。

モスクワでは、すごいレッスンが受けられ世界の第一線で活躍しているマツーエフやルガンスキーたちの目の前で弾くそうです。ミスをすると生徒達から失笑がおこる。その緊張感に鍛えられたそうです。

モスクワでは、何もすることがない自由時間が苦痛で映画やお酒、放浪の旅などをしてみましたが、結局何も得ることなくモスクワでの2年間を終え帰国されました。

帰国してみると何もなくて、家族以外に口をきく人もなく、ピアノも嫌いになっていました。

以前からのつてで、コンサートの依頼を受けつつ、どん底の気持ちの中で、ある時「自分は人間的に『いい人』になりたい」と思い始めます。今まで、素晴らしい先生との出会いを始め、人との出会いとつながりの中でピアノを弾きながら生きてこられたことに気づかれたそうです。

そして、先生を始めお世話になった方に挨拶に回られ、少しずつ人のつながりを紡いでいかれました。

ピアノの演奏にも本腰を入れ、いい緊張でステージに臨むことができ、活動の場も広がっていきました。以前は、こんなに最低の人間である自分が人前で演奏していいのだろうか、という後ろめたさがあったそうですが、人間的に成長しようと思うことでそれを吹っ切ることができたそうです。

そして、2006年に大ヒットしたドラマ『のだめカンタービレ』で楽曲と提供され、話題になりました。2007年に公開された映画『神童』で、ワオ(松山ケンイチさん)のピアノ演奏シーンの吹き替えを担当されました。

また、2010年NHK大河ドラマ『龍馬伝』では、第二部から主題歌をピアノ演奏し、BGMとして使われました。

TBSドラマ『コウノドリ』では、ピアノテーマ・ピアノ監修として主演の綾野剛さんにピアノを教えられました。更に、綾野剛さん演じるサクラの幼馴染でライブハウスのマネージャーで出演され、ドラマ『コウノドリ』のなくてはならない存在となっていました。

2013年公開映画『さよならドビュッシー』で岬洋介役で俳優デビューされました。

音楽活動だけでなく、ドラマ・俳優・ラジオのパーソナリティ、バラエティー番組への出演など、幅広く大活躍されています。

もちろん音楽分野でも、数々の賞の受賞や、交響楽団との共演、CD発売と、大活躍されています。2019年8月には、日本人男性クラシックピアニスト初の日本武道館公演が行い、大盛況をおさめました。

プライベートでは、2012年女優の乙黒えりさんと結婚されました。

出典 Wikipedia

二人の馴れ初めは、友人の紹介だそうです。乙黒さんもピアノを習っており、音楽が好きだったそうで、意気投合し交際をスタートされました。

現在、7歳と4歳になる娘さんが二人いらっしゃいます。

出典 インスタグラム

乙黒えりさんのインスタグラム、ご家族の写真も投稿されていて、素敵なご家族の様子が写真から伝わってきますよね。ママモデルもされている乙黒さんのファッションも参考になりそうです!

そんな公私ともに充実した生活を送られている清塚信也さんですが…クセのある!素顔って一体どんな素顔なんでしょうか?

スポンサーリンク

クセのある素顔とは…

音楽にかける情熱がものすごいことから、性格もクセがあるように感じられるのかもしれませんが、清塚さんの場合は幼少期の生活・超スパルタのお母さんの影響で「クセのある」になったのではないでしょうか。

超スパルタのお母さんの教育方針がすごいのです!

まず、朝は5時に起きて朝練から始めるそうです。人と差をつけるには、人が練習しない朝に練習せねば!という道理。眠たくて起きられない時は「トーキック」で起こされます。

そして、この一言。

いい?人いつかず~っと寝るときがくるんだから今は起きなさい!

出典 MBS

小学2年生になんという道理!ビックリ!ですが、それ以上のビックリエピソードが!

練習中は「笑い禁止!」「笑う暇があったら練習しろ!」「いま笑うな!人生の後半で笑え」。

疲れるので外遊びは禁止。その代わり?お誕生日会はお友達を呼んで、お料理やお菓子を用意して盛大にやってくれるそうです。が、もちろんその日も外遊びは禁止!

練習のために学校の早退は当たり前。いつも掃除時間には帰宅してしまうため、そういったことで子供がいじめられないように、自ら学校の掃除を引き受けたり、PTA会長になったりして、学校のことに積極的に関わっておられました。

そして、極めつけは「音楽家にならないなら生きなくていい」「あなたはピアニストのなれなかったらおそらく生きていけないでしょう」発言です。清塚さんは「ピアニストになれなかったら野垂れ死にするしかない」と思って日夜練習していたそうです。

なかなか壮絶な幼少時代ですよね。そんな中でも、お姉さんと秘密のピアノ暗号でお母さんがいない間に息抜きをして遊んでいたそうです。遊び方も高度です。

そんなお母さんと清塚さん。20歳の時に大喧嘩になりました。コンクールや賞、聴衆よりも自分の愛する音楽を大事にしたい、と思い自分を売りこんでいた清塚さん。それに対して、お母さんは聴衆の前で弾いてこそのピアニストだ!と大喧嘩に。

その時に初めてお母さんに言い返し、清塚さんは自分の信じた道を突き進まれたのです。

超スパルタなお母さんですが、一つの目標に向かって突き進み、やり方はともかく愛情をかけてくれたことを清塚さんは感謝されています。

そんなお母さんも、孫に対しては「子供はのびのびと遊んで育てなさい」だそうです。これには、清塚さんも頭がおかしくなっちゃったのか!と思ったそうですが、呆れながらも納得。

ものすごく極端なお母さんの子育て論の極意は2つ。

①全てのものに憧れをもつ子供に育てる

②温かいご飯と味噌汁

「笑い禁止!」「外遊び禁止!」で①はなかなか難しそうですが、素人にはわからない道理があるのかもしれませんね。

②は、なんだか素敵ですよね。超スパルタなお母さんですが、愛情が深かったのだと思います。そこまでスパルタにできるのも、子供への情熱と、この子ならできる!と信じていたからこそなのかな、と感じました。

クセのあるピアニスト清塚信也さん。クセは幼少期からの特殊な環境での生活が深く関係しているのでないかな、と思います。

『しゃべくり007』では、どんなビックリトークが飛び出すのか放送が楽しみです!

まとめ

23日22時~放送される『しゃべくり007』にピアニストの清塚信也さんが出演されます。

5歳の頃からピアノを習い始めあました。お母さんの超スパルタ教育、猛練習をして過ごした幼少期。挫折を味わった日々や、自分に向きあった時間を経て、清塚さん自身は賞やコンクール、聴衆のためではなく、自分は音楽を愛している!と気づかれました。

そして、クラシック音楽を広めたい、と自ら売り込んで活動していくようになります。そしてドラマに楽曲提供したり、俳優として出演したり、ラジオのパーソナリティ、バラエティー番組に出演したり、と多方面で大活躍されるようになりました。

クセのあるピアニスト、ということですが、幼少期の異色な生活がクセの源ではないか、と思います。

『しゃべくり007』では、どんなクセが暴露されるのか、とても楽しみです!

ピアニスト清塚信也さんのピアノ演奏も放送されるので見逃ません!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする