TEAM NACSの舞台音楽を担当するNAOTOさんってどんな人!?

北海道出身の個性派俳優グループ、TEAM NACSはメンバーそれぞれが多忙を極めているため

舞台を見られるのは、3年に一度しか機会がありません。そして、日本一チケットが取れない

劇団。ってことは、死ぬまでに舞台を見られるかどうか…というのは大げさですが、それほど

人気がある劇団だということですよね。

さて、そんなTEAM NACSが5月に、NACSYMPHONY 2019「COLOR~彩り続けた楽曲

たちの調べ」と題して、これまでTEAM NACSの舞台を彩ってきた名曲の数々を舞台映像と

ともにNAOTOさんのヴァイオリンとオーケストラ生演奏でお届けするフィルムコンサートを

開催されます。

TEAM NACSと縁が深い、ヴァイオリニストのNAOTOさんって一体どんな方なの

でしょうか!?

スポンサーリンク

ヴァイオリニストのNAOTOさんのプロフィール

出典 NAOTO 

名前 NAOTO(ナオト)

本名 高橋直之(たかはし なおと)

別名 poper、ぽっぱぁさん

生年月日 1973年8月15日

出身地 大阪府高槻市

学歴 東京藝術大学附属音楽高校、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業

職業 ヴァイオリニスト、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー

所属 音楽事務所ブルーソファ(bluesofa)

10代の頃から、プロミュージシャンのレコーディングやライブに参加していた。大学時代

にそれまでのクラシックのジャンルを越えて、クラシックからポップスまでジャンルに縛られ

ない音楽表現を目指すようになった。別名の「poper」とは、そういった意味を込めている

そうだ。

2001年以降、ポルノグラフィティのほぼ全ての公演に参加している。その他にも、

浜崎あゆみ、中島美嘉、谷村新司、広瀬香美、ゴスペラーズ、鬼束ちひろ、世良公則など多数

の有名アーティストのレコーディングやライブに参加している。

また、2006年に放送された人気ドラマ『のだめカンタービレ』では、吹き替え演奏を担当し

自らも出演した。「新世紀エヴァンゲリオン」と劇場版エヴァンゲリオンの劇中音楽の

バイオリンをほとんど担当している。

音楽以外には、カレーが大好きでジュニアカレーマイスターを取得、一般社団法人日本スープ

カレー協会(JSCA)広報宣伝担当理事も務めている。スープカレーと日本ハムファイターズと

ガンバ大阪の大ファンだそうで、スープカレー、日ハムファイターズとくれば北海道。

北海道を愛すTEAM NACSのリーダー森崎博之さんと、何か共通点が見つけられそうですね。

さて、NAOTOさんとTEAM NACSにはどのような出会いがあったのでしょうか!?

NAOTOさんとTEAM NACSの出会いは?

出会いは2005年に遡ります。今から14年前ですね。やはり長いお付き合いのようです。

2005年、「COMPOSER〜響き続ける旋律の調べ〜」の舞台でTEAM NACSは初めての全国

ツアーを行いました。「COMPOSER」はベートベンやモーツァルトが登場するバロック時代

の物語です。音楽の知識とTEAM NACSへの理解がある人物として探し出されたのが

NAOTOさんだったのです。そして、2007年の公演「HONOR」では、森崎さんからNAOTO

さんを指名され、制作チームを組まれたそうです。

今も本公演を作るときは、NAOTOさんにはメンバーより先にプロットを伝えています。そこからイメージしてNAOTOさんが曲に仕上げ、私もまた曲にインスパイアされて物語の方向性が変わっていく、なんてこともありました。お互いに高め合える関係ですね。

出典 ザ・テレビジョン

と、リーダーの森崎さんが語られています。お二人は本当に強い信頼関係を築かれて

いるのですね。2007年の公演「HONOR」以降は、第13回公演「下荒井兄弟のスプリング、

ハズ、カム。」以外の舞台音楽は全てNAOTOさんが担当されています。

NACSYMPHONY 2019「COLOR~彩り続けた楽曲たちの調べ」の見どころは!?

NAOTOさんヴァイオリンとオーケストラでTEAM NACSのこれまでの舞台を振り返るという

今回のコンサート。クラシックが好きな方もそうでない方も、TEAM NACSが大好きな方も

あまり知らない方も…それぞれの人がいろんな楽しみ方がありそうですよね。

コンサートの見どころを、リーダーの森崎さんが語られています。

NAOTOさんはユーモアたっぷりな人で、とにかくトークが面白い! ライブに行くと、半分はしゃべっているほど(笑)

(中略)

この人の偉大さを紹介したいし、邪魔もしたい(笑)。そして彼のユーモラスなところも知らしめたいんですよね。見どころという意味では、NAOTOという人間そのものかもしれません。

出典 ザ・テレビジョン

NAOTOさんの音楽でTEAM NACSの舞台ができあがっていってると言えるほど、重要な部分を

担われているのですね。そんなNAOTOさんの生演奏を聞いてみたいです。そして、おもしろ

いトークもぜひ聞いてみたいですよね。リーダー森崎さんとNAOTOさん。テレビで共演を

見られる日が来てほしいです!!

まとめ

TEAM NACSの舞台音楽を担当しているNAOTOさんは大阪出身でスープカレーをこよなく

愛する人物だった。日ハムとガンバも大好き、そして『水曜どうでしょう』にもかなり

詳しい。

2005年「COMPOSER〜響き続ける旋律の調べ〜」制作でNAOTOさんとTEAM NACSが

出会う。以降、ほとんどの楽曲を提供している。音楽と演出が合わさって舞台を作り上げる、

といえるほどの信頼関係がある。

NACSYMPHONY 2019「COLOR~彩り続けた楽曲たちの調べ」では、NAOTOさんの演奏・

トーク…その人物そのものが見どころとなっている。

リーダー森崎博之さんが演奏されるところも注目です!!

ヴァイオリニストのNAOTOさんとTEAM NACSリーダーの森崎博之さんがテレビで共演される

ことをものすごく期待しています。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする