「相葉マナブ」で寺尾聰さんに振る舞うお寿司”寿司処相葉亭”のお味は!?

「ニッポンを元気に!!を合言葉に」嵐の相葉雅紀さんがニッポンの素晴らしさを学び、みんなに伝え、勇気とパワーを与えてくれる番組「相葉マナブ」。

4月28日は、”寿司処 相葉亭”開店記念!と題してそれまで修行の成果を発揮し、ゲスト達にお寿司を振る舞うという内容です。

相葉雅紀さんはゲストにうまくお寿司を握れるでしょうか!?

ゲストのみなさんの反応は!?

ゲストの中の一人、寺尾聰さんについてまとめてみました。

スポンサーリンク

寺尾聰さんのプロフィール

名前 寺尾 聰(てらお あきら)

生年月日 1947年5月18日

出身地 神奈川県横浜市(東京都目黒区育ち)

血液型 A型

1965年フォークグループ「ザ・サベージ」を結成し、ベースギターを担当した。

1966年に「いつまでもいつもでも」でレコードデビュー、2曲目も大ヒットしたがグループを脱退した。

1968年「黒部の太陽」で俳優デビュー。

これを機に石原軍団に入り、テレビドラマに多数出演した。

俳優として活躍する一方、1981年に自身で作曲した曲「ルビーの指輪」が大ヒットした。

売り出したシングルの中で最大の売上を記録している。

「ルビーの指輪」を歌うのはとても難しく、ほとんどの人が間違えている!となにわのモーツアルト、キダタロー先生が言うほど、難しい曲である。

「ルビーの指輪」は当時大ヒットしていた歌番組ザ・ベストテンで12週連続1位という記録を打ち立てるほどの大ヒット曲となった。

石原プロ離脱後は、1980年代後半から黑澤監督作品に多数出演。

2001年黒澤明の遺稿を映画化した「雨あがる」に主演し、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を

受賞した。

日本レコード大賞・日本アカデミー賞主演男優賞の両方を受賞した経験があり、歌手としても俳優としても実力派である。

 

父親は”芝居の神様”宇野重吉さんであることから、寺尾聰さんは俳優になるべくしてなった人と言っても過言ではないかもしれませんね。

寺尾聰さんと相葉雅紀さんの関係は?

今回、”寿司処 相葉亭”にお客さんとして来店される寺尾聰さんと相葉雅紀さんはどんな関係なのでしょう?

二人は2015年放送された、ドラマ「ようこそ、わが家へ」で共演されていました。

このドラマは、直木賞作家・池井戸潤さんの同名の小説が原作となっています。

気弱で争い事が苦手な主人公、倉田健太(相葉雅紀さん)が、割り込み乗車を注意したことから、身の回りで嫌がらせを受けるようになり、健太と家族はストーカーの恐怖と闘っていくことになります。

同じ頃、健太の父・太一(寺尾 聰さん)は会社の不正と闘うことになる、というお話です。

池井戸潤さんの作品には、家族の絆がキーポイントになるお話がたくさんありますね。

相葉雅紀さんは父に反発する息子役、寺尾 聰さんは息子との関係を修復したいと願う父親の役で二人はドラマの中で親子を演じられていたわけです。

”寿司処 相葉亭”のお寿司に対する寺尾聰さんの反応は!?

寺尾 聰さんは、歌手・俳優として活躍されていますが、バラエティには普段あまり出演されません。

今回は、”寿司処 相葉亭”開店ということで駆けつけられたそうです。

そんな、寺尾 聰さんには築地で丸ごと仕入れたブリや過去に高評価を貰った大トロをお出しします。

これまで、3年間銀座久兵衛総料理長と若旦那のもとで修行してきた相葉雅紀さん。

相葉雅紀さんは、2015年のドラマでの共演以来、寺尾 聰さんを「お父さんみたい」と慕っていて、今回の来店にも大感激!

張り切って、お寿司を握られます。

寺尾 聰さんは、

オレは親代わりみたいなもんだから何食わせてもいいよ

と、息子役だった相葉雅紀さんを気遣われる様子も見られます。

さすが、大物で父親役ですよね!素敵なお父さんです。

ドンと息子を受け止める大きな器が感じられますね。

また、

魚をさばく姿って男っぽくて色っぽいね

と、さばく姿までも褒められ、その味については、

「本当にうまい! もうお寿司屋さんになったらどう?」と大絶賛だった。

ということです。

嵐の相葉雅紀さんがもしお寿司屋さんになったら…人気がでそうですね。

それ程褒められた、相葉雅紀さんの3年間の修行、ものすごく努力されたことがわかります。

「お父さん」である寺尾 聰さんに喜んで貰えて、相葉雅紀さんも修行の成果が実り、本当に良かったですよね。

番組内でも感じられる寺尾 聰さんと相葉雅紀さんの絆にも注目ですね!

スポンサーリンク

まとめ

「相葉マナブ」にゲスト出演される寺尾聰さん、実力派の歌手・俳優として活躍されている。

そんな、寺尾聰さんと相葉雅紀さんは2015年放送のドラマ「ようこそ、わが家へ」で親子の役で共演。今でも親子のような絆がある。

”寿司処 相葉亭”のお寿司を寺尾聰さんは大絶賛!相葉雅紀さんに寿司職人への転職を勧めるほどの絶賛ぶりだった。

 

相葉雅紀さんが握るお寿司はどんな感じなのか、楽しみですよね。

相葉雅紀さんと寺尾聰さんの親子の絆にも注目したいです。

今後のお二人の活躍に期待します。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました